朝焼け・みらーじゅ

高校3年受験直前のとき、徹夜して散歩に出たときの朝焼が幻想的でした。ずっと昔のことです。

世界で一番のピンクサンド・ビーチ

知っている人は知っている。知らない人はよく知らない。
中南米に「バハマ」という国があるのを知っているか?アメリカのフロリダ半島からキューバの北側へ伸びる諸島だ。ここには、世界一美しいと言われる砂浜がある。「ピンクサンド・ビーチ」。ピンク色の砂でできたビーチである。

f:id:dimension-world:20171211234709j:plain

世界で一番のピンクサンド・ビーチ | KONOMI

 

神戸・旧居留地の博物館

居留地と言っても分からない人がおられると思います。毎年12月に行われるルミナリエの会場周辺と言えばよく分かるかも知れません。ここには、明治時代に造られた石造りの建物がたくさん残り、独特の景観を作っています。ここに住んでいた外国人は、やがて山の手に移り住み、北野異人館街を作りました。

f:id:dimension-world:20171211143728j:plain

神戸・旧居留地の博物館 | KONOMI

 

恥ずかし無料露天風呂

旅行に行くと風呂に入らなければいけないが、野宿しながら旅をすると、なかなか風呂に入る機会がない。そこで、無料の露天風呂となるわけだが、シャンプー・石鹸禁止のところもあるし、シャンプーすると髪の毛がゴワゴワになってしまうところもある。温泉でのんびりできるのを差し引くと無料の分だけいいのだろうか。最近の温泉施設はシャンプーやボディーソープが付いているので心配ない。さすが、高い金を取るだけのことはある。当時はそんな施設はなかったのである。

f:id:dimension-world:20171208185446j:plain

恥ずかし無料露天風呂 | KONOMI

 

ピーターラビットの住む村

大抵の人は知っていると思いますが、ピーターラビットのファンは世界上にいます。また、関連グッズを売っている店なども多く存在し、「ピーターラビットは日本じゃない」というぐらいあちこちにあります。
ちなみにわが家では妻も娘も大好きです。以前ウェッジウッドピーターラビット・シリーズの食器を買ったのだが、いつの間にか割れてなくなってしまいました。結構高かったのに・・・

f:id:dimension-world:20171207182124g:plain

ピーターラビットの住む村 | KONOMI

のんびりできるリゾート地

海外のリゾート地に行きたいが、お金の都合でちょっと行けないため、国内で似たようなところを探し、ウサを晴らそうという企画であった。

f:id:dimension-world:20171206203400j:plain

のんびりできるリゾート地 | KONOMI

勝手に選んだ、日本にある夜景の美しい町

日本には夜景のきれいな都市が数多くあります。日本人は3という数字が好きなようで三大夜景とかいうのもあります。地方によっても違うのでしょうが、函館・神戸・長崎と言われています。すぐ近くに町全体を見渡せる山があるのが条件のようです。しかし、山は増えませんが展望施設は増やすことができます。灯りの数や色彩などで勝手に選んでみました。

f:id:dimension-world:20171205195248p:plain

勝手に選んだ、日本にある夜景の美しい町 | KONOMI

「門司港レトロ」に行ってみよう。

門司港駅関門トンネルができるまでは、下関行き関門連絡船の発着駅でした。その頃は北九州で最も栄えた街ですが、関門トンネルが開通して主要幹線から外れたことによって、街が寂れてしまいました。そのために近代化が滞り、現在の「門司港レトロ」の独特の街並みが残っています。

f:id:dimension-world:20171205000711j:plain

「門司港レトロ」に行ってみよう。 | KONOMI

 

 門司港レトロのお土産

レトロな街門司港 バナナワッフルクッキー 5箱セット

レトロな街門司港 バナナワッフルクッキー 5箱セット

 

 

  

 

シャーロック・ホームズの街 ロンドン・ベーカー街221B

推理小説ファンなら誰でも知っている、ロンドン・ベーカー街221B。そこには、名探偵のシャーロック・ホームズが住んでいました。ホームズさんに関わる場所は、ロンドンにたくさん残っています。さあ、シャーロック・ホームズに会う旅に出かけましょう。

f:id:dimension-world:20171204191410j:plain

シャーロック・ホームズの街 ロンドン・ベーカー街221B | KONOMI

謎の湖、恐山・宇曽利山湖

東北地方の話である。しかも青森県であるから私もそれなりに知っているし、2回ほど行ったこともある。別に泳ぎに行ったわけではない。水泳はとりたてて得意ではないが、遅いだけで別に苦手でもない。しかし宇曽利山湖では泳ぎたくない。亡霊に足を引っ張られるのが間違いなしである。ほんとに恐いわ。

f:id:dimension-world:20171203120900j:plain

謎の湖、恐山・宇曽利山湖 | KONOMI

マッターホルンを見に行こう

スイスには、多くの登山鉄道があります。元々スイスは鉄道が非常に発達しており、観光用にSLとかを走らせている路線を除けば、電化率は100%、鉄道の密度は日本の2倍以上です。日本人の観光客は、インターラーケンからユングフラウヨッホを目指すのが多いです。今回はツェルマットからマッターホルンを目指しましょう。とは言ってもスイスが九州ぐらいの大きさですから、あちこちからマッターホルンは見えるんですがね。

f:id:dimension-world:20171202122933j:plain

マッターホルンを見に行こう | KONOMI